~松浦農園~まっちゃんの日常ブログ。 ヤギ、時々、ヨメ。

農家の休息を、文章で。「読む一服」と言うことで、松浦農園の日常を綴っていきます。農業に興味のある人も、実は全く無い人も。あなたに、癒しのひとときを。

今日のうたこ⑧。

f:id:utakoyagi:20190421220857j:plain


これは2年前のうたちゃんです。




確か、夏くらいかな?




僕の地元にある、桜が有名な公園で、結婚式に出演するため、練習をしていた時の写真ですね。




f:id:utakoyagi:20190421221150j:plain



散歩の途中、よく立ち止まり、むしゃむしゃ草を食べていました。




まさに野草ビュッフェ状態で、うたちゃんも嬉しそうでしたよ。




たまに毒草や、除草剤が撒いてある草があるので、注意は必要でしたけどね。


f:id:utakoyagi:20190421222204j:plain


こうして、練習の成果もあり、無事に結婚式に参加できました。





我慢できずに、式場の芝生を食べちゃったのはナイショですよ、ふふふ。

Hey!Say!Dive!

f:id:utakoyagi:20190421132140j:plain


今週のお題「平成を振り返る」


さあ、いよいよ、あと10日で平成も終わりを告げ、そして時代は令和に代わり、新たなる歴史の幕開けですね。


福島県の農家は、いまだに震災の影響は大きいのですが、時代の変化に合わせつつ、少しずつ、前を向いていけたらな、と、思っております。



この先、自分にとっての令和が、どのような歴史を刻んで行くのか、今から楽しみですねその前に明日クルマに引かれて死ぬかもしれませんが。



えー、それで、今日は平成を振り替えるとのお題で、いろいろありすぎて迷うところではございますが、一番はヤハリ、結婚と言う荒波に、Diveしたことでしょうね、ははは。



僕と嫁さんは七つ違いなのですが、なぜか妙に話が合い、ヒノノニトントン拍子で恋愛がうまく行き、出会って一年ちょいで結婚してしまいました。



ちなみに、嫁さんは子どものころ、床屋で平成誕生のニュースを聞いたとき、その響きに、違和感が半端なかったらしいですね。


それで、そのころ、僕はまだお子さまでしたから、平成誕生のキヲクが無いのです。



うーん、詳しく書くと姉さん女房の、嫁さんの年齢がバレるので止めときますね、すみません。



まあ、あまりにもスムーズに結婚したために、今の結婚生活に反動がきているのかどうかはわかりませんが、7つ上の嫁さんの尻どころか全身に敷かれないように、僕は来たる令和の新時代に備えて、全身のフットワークを軽くしておかなければなりませんよ、ははは。



嫁さんは長年、保育教諭をされていた方なので、どうやら年下の僕は幼稚園児に見えるらしく、アカゴノテを捻るように、いつも、コロッとやられてしまうのです。



まあ、僕自身も至らない部分は多々多々多々多々ありますからね、仕方ないですよ、とほほ。



いや、いつも、嫁さんをフリーザの如く書いておりますが、もちろん、ジョーダンなんですよ、本気を出せば旧式のスカウターを爆発させるレベルの戦闘力は、持っているかもしれませんが、基本的には穏やかで優しいオヨメサンなのです。



まあ、なるべく楽しく書こうとして、僕のブログは、多少、大げさに書いていますからね、まあ、せめて冗談半分、真実半分の、某頭痛薬程度のバランスにとどめておきたいところですよ、たまにフザケすぎで、収拾つかなくなっちゃいますが。



お互いに信頼していて、軽口や冗談が言える間柄なんだよー、って感じはありますよ、たぶん。



でも、あんまりデタラメ過ぎると、平成の適当男、高田純次の適当日記になっちゃいますからね、あれは面白かったなー、高田さんはてなブログ書いてくれないかな。




まあ、とにかくね、古来より女性は、結婚にともない、自分の家を出て他人の家庭に入ると言う、とんでもない荒行を成し遂げ、さらには育児に家事、その上、場合によっては社会に出て仕事まですると言う、我々男性には無理ゲーすぎることを、やってのけるのであります。






こうやって、文章にしてみても、本当に、スゴいと思います。






やはり女性は強いわけですよ。







本当かわかりませんが、炊事洗濯などの主婦業だけで、年間2000万相当の働きに相当するって話も聞きますからね。



僕もぶっちゃけ、嫁さんいないと何もできませんからね、ブログの誤字脱字まで、更新後にチェックして教えてくれますから。



なんだかんだ言いながら、嫁さんには感謝の気持ちでいっぱいですよ、ホント。











よーし、その気持ちを、ブログを通して伝えてみるか!






嫁さん!この先も娘と一緒に、三人で令和の時代を生きていこう!





僕もいろいろ、あれこれ、十分に気を付けます!






今後とも末長く、よろしくお願いいたします。











よし、いい感じだ!この辺でボロが出る前に締めに入らなければ!








大丈夫、たぶん文章が長すぎて、読者のみんなはもう読んでいないわ!










え……?
















えー、まあ、くだらない子芝居はともかく、どうしても書くのが楽しくて、ブログが長くなっちゃうんですよねー、読みにくいと思うんです、スミマセン。



長すぎると、なかなか読んでもらえないんですよねー、みなさん忙しいですからね。



まあ、ブログの価値と言うものは、最終的には人に決めてもらうのではなく、自分で決めるものだと思いますので、読んでいただけない、アクセスのない、はてなスターのない記事でも、素晴らしい文章は沢山あるはずです。





真面目な話、これはブログに限らず、人生の総てに言えることだと思います。




結局、本当の意味での評価とは、あくまでも自分自身によるものなのです。




しかしですねー、これは価値とか評価とか、また別な話として、やっぱり読んでもらうと、嬉しいんですね。





文章を書き、皆さんに読んでいただいて、初めて、文章に魂が入ると思うんですよね。





これは今年、ブログを始めてみて気づきました、平成の大収穫ですね、農家だけに。






僕もね、皆さんのブログ、楽しませてもらってます。






読んでもらって、読ませてもらって。






いつも、ありがとうございます。






まあ、そんなカッコいい理想は言いつつも、回りの評価は気になるんですけどね。





こんな時、高田さんなら、そんなこと気にせずに、笑っていられるんだろうなー。







オレのブログ?

面白いよ、何を書いたかおぼえてないけど。






別に読んでくれなくていいよ、星だけ付けといてくれたら。





あ、頻繁にアクセスして、ブックマークしといてくれる?おじさん忙しいから。







高田さんならこんなノリですかね、ははは。







うーん、せっかくいい話を書いたのに、高田さんに全部持っていかれた気がします。




さすが、平成の適当男。






僕もテキトーにガンバりまーす。













それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございま
した。



はてなブロガーの皆さま、令和もヨロシクお願いいたします。

アイムソーリー、かぶソーリー。

f:id:utakoyagi:20190420091808j:plain

春と言えばヤッパリ、菜の花ですよね。



緑の葉っぱに黄色い花、ちょっとマバラですが、今日は最高のお天気で、この回りに蝶々が飛んでればさらに良いのになー、と言った感じですか。



しかしですね、キレイな菜の花がマバラに咲いている写真と思いきや、実はコレ、出荷用の「カブ」のお花なんですよ。



冬場に取り残したカブが、めでたく春を迎え、開花してきたわけです、ふふふ。




ちょうど、剃り残しのオヒゲのようですか。




ソリノコシしならぬ、トリノコシって具合で、自分ではシッカリ収穫したつもりでも、意外に残っちゃうものですねー、残念。

f:id:utakoyagi:20190420100115j:plain

こうしてみると、お花はキレイなんですけどね、鮮やかで。



基本的に我が家のカブさんは、冬場は市場に出荷され、関東方面の漬物として活躍すると言う、一流のエリートコースを歩むんですが、取り残して春場になった場合、やぎ小屋に出荷され、うたちゃんのご飯になると言う、ほのぼのコースを歩む状況になるのであります。




僕が取り残すかどうかが、2つの道の分岐点になるわけですが、まあ、結局のところ、どちらのコースが幸せかは、カブさんに聞いてみないとわかりませんからね。



一流、出世=幸せとは限らないと思うんですよね、百姓のヒガミと言えばそれまでですが、ははは。



ちなみに、僕は自分のヒゲソリも、けっこう今回のカブ穫りのようにマバラになってて、よく、注意されておりますよ、鏡で見てアレレ?、みたいな。



僕は基本、 うっかりした人間なので、いつもそんな感じでみんなから突っ込まれながら日々を生きていますが、なんとかなるもんですね、ははは。


うーん、農業って、わりと性格が出るのかもしれません。



まあ、そんな感じでオヒゲも剃れない僕ですから、まさにエリートコースとは無縁なわけです、おとーさんおかーさん、ゴメンなさい。



とりあえず、ついでにカブさんにも、ゴメンなさい。




来年はシッカリ収穫しまーす。




いや、その前に、身だしなみをシッカリしろよ!って話ですよね。

松浦農園カテイサイエンス。~松浦家の光と闇~

f:id:utakoyagi:20190419175735j:plain

いやー、春に成り豆が生り、桜が散り桃が咲き、ヤギが鳴き娘が泣き、朝から晩まで大忙し、最近はそーんな感じでブログの更新をサボっていて、その間しばらく、皆さんのはてなブログを読む方に専念させていただいて、関心のあまり、ついつい、おーとか、うーとか、えーとか、9ヶ月の娘のような声を出しながら、お星さまを付けさせていただいたのですが、この度、嫁さんから「チチブログハヤクカケ」と、でんぽーのような激励をいただいたため、豆の摘みすぎでマメができた指で、今日はひたすら自分のブログのために、スマホをたたく覚悟であります。



なんか、久しぶりにブログを書くと疲れますねー、執筆の筋肉が落ちてますね、これは。









これが俗に言う、「春眠暁を覚えず」と言うヤツなんだと実感しましたね全然違うと思いますが。







まあ、何て言いますかね、僕だけではなく、皆さんもそうだと思うんですが、ブログって、キモチが乗らないときに書いても、なーんかシックリこないんですよね、筆と言うか指が進まない感じで。


そんな時はですね、自分以外の皆さんの、はてなブログを読むのがオススメですよ、何だかやる気が出てくるんです、僕もいっちょう書いたるかー、って。



そして、そんな皆さんのご協力のお陰で、最近は、しょうがくいちねんせいのアクセス数からレベルアップしてきて、ようやく、にねんせいのアクセス数くらいにはなってきたので、ブログを読んでいただける方に感謝を込めてですね、文章を綴っていけたらなー、と感じる、今日この頃です。



本当に、アクセスしていただくだけでも、ありがたいんですよねー、涙が出るくらい。







はい、えーと、それでですね、ようやく本題に入るのですが、なんと言いますかね、松浦農園って、懸命に働いているわりには、仕事がいつも遅れているんですね。



これってもしかして、僕たちは懸命には働いているんですが、実は、賢明には働いていないのかも知れないんですよ、マジで。



その辺をですね、今日はサイエンスしてみようと思うんですが、まあ、ぶっちゃけ答えは分かっているんですよね、たぶん。



こんなこと書いたら、社長兼・父ちゃんに怒られるかもしれないんですが、実はですね、松浦農園って玉ねぎを自宅用だけで400キロ以上作っているんですね。


さらに、大根、カブ、小松菜、オクラ、ナス、キャベツ、白菜、枝豆、ニンニク、ブロッコリー、モロヘイヤ、あとは、何かあったかな、ああ高菜か、そんな感じの家庭菜園を、これでもかとたくさん作っているんですよ、どこにも売らずに。



そして、それを人に配るのが、父ちゃんの趣味なんですよねー、そちらの方にテマヒマがかかるため、メインである本業が後回しになってしまうわけなんです。



一応、前々から、その状況に気付いてはいたので、このままではダメだ、いつか松浦農園が経営不振におちいる!これはドゲンカセントイカン!という事で、僕は七人の侍の長老のような悲痛な面持ちで、父ちゃんさー、家庭菜園減らそうよー、と、父に直談判をしたんですが、






「お前は何を言っている、世の中には困っている人がたくさんいるんだぞ!美味しい野菜をたくさん作って、みんなに配るのが俺の使命だ!」






と、ムダにカッコいいセリフを放ち、断固としてゆずらないのですよ、実際は福島弁なのでかなりナマってましたが。



でもね、現状は仕事が遅れて、僕とお母さんが困っているし、本業が遅れるわけですからね、結果的に父ちゃんも困ると思うんですけどねー。



モチロン、僕も人間ですから、人助けは大変けっこうコケこっこうなんですが、物事は優先順位と言うものがありますから、とりあえず、人を助ける前に先ずは自分を満たし、そして、さらに自分の家族を満たし、そのあとに、周囲のみんなに手を差しのべるべきだと、感じるのであります。



正義のヒーローアンパンマンだって、自分のカオが極端に減ってきたら、あまり積極的にテイクしたくはないですよねー、きっと。



僕は自己犠牲のヒーローって、土台がぐらつく感じで、なーんか違うと思うんです、ミスチルの桜井さんだって、確かそんな感じにHEROを歌ってたような気がします。



まあ、なんと言うかうちの父ちゃんは、我が道を行くと言うか、常識がスッポリと抜けているところがありまして、スーパーに一緒に買い物に行ったりすると、カゴの中にですね、玉入れ競争の如くバンバンと商品を入れるのですよ。



そばで見ていて、あまりにも素早く次々と食材を放り込むので、こないだ父ちゃんに聞いてみたら、








「俺はスーパーで買い物するときには、値段は見ないで、そのままカゴに入れるんだ」








と、自信満々に、おっしゃるではありませんか、ヤハリ実際のセリフはナマってましたけどね。



基本、父ちゃんは高級指向なので、安物は買わず、100円以上のモノばかり買うので、「100円から先は覚えていない!」という、我が家の羅生ハン状態で、これは家計をヤリクリする、うちのお母さんは大変だっただろうなーって、しんみりしてしまいましたね。



ちなみに、羅生ハンってのは北斗の拳に出てくる、髭の生えたダンディーなおじさんですね、床屋さんにイバっていたアイツですよ、遥か昔に読んだので、どんなセリフでバクハツしたか覚えてませんが。



まあ、うちの嫁さんは、銀行員の厳しい家庭で生まれ育ったので、キンセンカンカクには厳しい部分があり、僕もしょっちゅう怒られるんですけどねー、だけど、一応、僕は値段は見ますからね、コンビニで買い物するときに。



しかし、3日くらい前に、スーパーベニマルのチラシに入っていた、一割引券を使って、満面の笑みでマヨネーズをゲットしていた嫁さんがこの闇の事実を知ったら、驚くでしょうね、ブログを読んでいるのでバレると思いますが。



まあ、そんな感じでね、僕が松浦農園を経営するときには、父ちゃんを反面教師にしていきたいと思います、ははは。



モチロン、農業については僕も学ばせてもらいますけどね、実績は十分ですし、自慢の父ちゃんです。








尊敬、してますからね、一応。








結局、誰でも長所と短所というか、光と闇が在りますよねー、にんげんだもの







しかし、僕が経営する予定の三年後は、松浦農園はどうなっているんだろうなー、ヤギが10頭くらいに増えてたりして。







もしかして、こんな記事を書きながらも、結局、いずれは僕も家庭菜園にハマり、みんなに野菜を配っていたりして、ふふふ。









歴史は繰り返すと言いますからねー、おそろしや。










そして、成長した娘から、後にブログで文句を言われる、てな感じか、はははーって、笑い事じゃあ、ありませんよね、本当。







日々、家事に育児に励んでくれている、嫁さんのために、そして、「娘」という、「光」のためにも、僕はガンバらなくてはいけませんよ。







松浦農園の3年後が、光と出るか闇と出るか、その鍵は、カテイサイエンが握っているのかもしれません…。








三年後を皆さん、お楽しみに…。












まあ、その頃、ブログは書いてないと思いますけどね、ははは。

チリも積もれば100となる。~農家の僕がはてなブログを書き続ける理由~

f:id:utakoyagi:20190413203929j:plain

桜の花も満開な今日この頃、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。



今日は一つ、皆さまに報告がありまして、ブロクを書かせていただきましたので、お読みいただければ幸いと存じる次第でありますのでごさいますですはい。



忙しいところにスミマセン、マジメに書かなければ。



えー、なんとですね、しがない百姓の私が、日々の、小学生一年生のさんすうのような低アクセス数にも負けず、地道な更新を続け、100記事もブログを書いてしまったのです。



僕がブログを書く理由は、大まかに分けて3つありますので、せっかくだから一つずつ紹介していきたいと思うのですが、長くなりそうなので途中で力尽きたら、スミマセン。



ばかやろー、読むほうが飽きて力尽きるわ!1つにまとめろよ!と、言われそうですが、まあまあ、実はかの有名なミスター長島さんも、なんと、バッターの心構えは3つあると申しているんですね。




名言の原文を、そのまま紹介いたしますと、





バッターの心構えは3つ。

集中力と小さいことに気を配ることです。






うーむ、長島さんは、もはや数字の概念を越えたレベルに達しておられるようですね、記事数やアクセス数をついつい気にしてしまう私たちも、見習わなくてはなりませんね。




まあ、尊敬のあまり見習いすぎて、今日は3つのうちの2つまで説明したところで、うっかり終了してしまわないよう、気を付けたいところではありますが。




えー、それで、まず1つ目は、農業の楽しさを伝えたい!ということですね。



早起きして太陽を浴び、体を動かすだけでもゴハンは美味しいし、ヤハリ農作物の変化を見るのが楽しいんですね、朝と夕方で違うんですよ、マメのツルのハネ具合とか。



まあ、太陽を浴びるだけでなく、雨を浴び雪を浴び農薬をアビル優の場合もあるんですが、これは、吉幾三のテーマソングに笑いをこらえて、ワークマンに行き、雨ガッパを買ってくることができれば、解決ゾロリな問題なんですね、ははは。



ちなみに、農業はアタマを使わない単純な作業も多いので、その間にブログの内容を考えたりしてますね、そしてそれを休憩時間にまとめる、と。



ちょうど、イチローが外野守備の合間に、ドラマの古畑のセリフを練習して、撮影で素晴らしい演技をしたのと同じですねすみませんウソです100記事書いたので調子に乗りました。




2つ目は、ヤギのかわいさを伝えることです。



まあ、これは今日のうたこシリーズを見ていただければ、わかると思いますので、省略して、終了いたします。




はやっ!やっつけ仕事だ!




でも、なかなかいいペースよ!




そうね!早く3つ目を紹介しないと、読者のみんなが飽きて帰ってしまうわ!






それで3つ目は、結婚生活の厳しさですね。



これはまあ、ご結婚の経験がある方は、そりゃあわっかりますよねー、ふふふ。



昔、お金持ちの斎藤一人さんが「結婚とは修行だ、それも、滝に打たれるなんて生易しいもんじゃなく、冷水と一緒に角材が降ってくるようなもの」てな感じのことを、著書で話していて、僕は、



「そんなわけないじゃん、愛があーればー、しーんぱいないさー」



と、大西さんのようにミュージカル調に構えていたのですが、いざ実際に結婚して、一緒に生活してみると、




「なるほど、さすが納税日本一のさいとうさんだ!」


と、手のひらを返して、足のひらも返して、ものすごく現実世界に引き戻された、去年の夏でしたよ、とほほ。



もちろん、結婚して良かったことも山ほどあるんですよ、砂場の山くらいはあるんですが、だけど確か、おとといかな、仕事が終わってクッタクタ、これからゆっくり風呂にでも入ろうと思ったら、





「今は忙しいのよ、娘の面倒見てほしいから、お風呂は秒で入って」





び・ょ・う・で、入って……だと?!冷静に考えると、日本語としておかしいのですが、冷徹にも忌みは、いやいや、意味は伝わるではありませんか。



まあ、さっと入って、さっと出ろってことですね、早い話が。












豆腐の湯通しかよ!












えー、そんな感じで、毎日を過ごしております、はい。



なんと言いますかね、「愛があるゆえに、一緒に生きる厳しさ」ってのがね、あるもんだなーって、結婚すると、よくわかりますよ。



もちろん、奥さん側からも、いろいろ思うところはあるでしょうし、結局はお互い様なんですけどね、ははは。







まあ、そんなこんな日常をですね、ブログを通じて笑いを交えながら、発信していけたらなーってのが、







松浦農園~まっちゃんの日常ブログ。 ヤギ、時々、ヨメ。







なんですね。





実際にブログを書いてみると、文章を通じて表現することが、アタマの整理に繋がり、強いては自分自身の癒しに繋がっていることが実感でき、毎日、驚いております。





そして、ブログを通じて自分を癒す過程の中で、どばとばーと溢れ出した癒しが、少しでも読者の皆さんに心に伝わったら嬉しいなーって、思って書いていますよ、ふふふ。






と、言うことで、長くなりましたが、なんとか完走いたしましたよ。






一緒に完走してくださった読者さんもいるのでしょうか、ありがたい。






マジメな話、ブログとは、書き手と読み手のタッグから生まれるものだと思っています。





僕も毎日、皆さんのはてなブログを読ませてもらって、勉強しておりますが、結局、お互いに支え合っているんですよね、感謝ですよ、本当。




これからも、また、お時間があるときにでもね、ブログに遊びに来ていただければ、幸いです。





それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日のうたこ⑥。

f:id:utakoyagi:20190413125704j:plain

天気がよくて、うたちゃん嬉しそうですね。





スナップエンドウの作業中、甘えてよってくるので、なかなか仕事が捗らないんですよ。



f:id:utakoyagi:20190413125745j:plain


ハウスには、スナップを狙ってやってくる、野鳥や害虫を防ぐために、赤い網が張ってあります。




うたちゃんは、ハウスに入りたくて、そこに顔を押し付けるため、たまに、ストッキングを被った銀行強盗のような感じになっちゃうのですね、ははは。









おかげさまで、松浦農園のブログも、100記事目になりました。







ブログを読んでくださる皆様、本当にありがとうございます。








感謝の気持ちでいっぱいです。










皆様が、穏やかな1日を過ごせますように。